クレンジング基本編

クレンジングじゃないと汚れが落ちないワケ

投稿日:2016年8月6日 更新日:

クレンジングは、美肌つくりに最も大切なスキンケアのひとつです。

いくら高価な化粧水をつけても肌の状態が変わらない、なかなかニキビが治らないなどの悩みの原因はクレンジングの仕方に問題があります。

クレンジングについて見直し美肌を目指しましょう。

洗顔している女性

クレンジングとは|クレンジングの意味

クレンジング、英語で表すとCleansingです。

クレンジングとは、肌を洗浄する、きれいにするという意味があります。

美肌つくりには正しいクレンジングをすることが大切です。

メイクはもちろん、皮脂や汗、ほこり、毛穴に詰まった角栓、黒ずみなどクレンジング剤をつかって肌をきれいにしましょう。

メイクや皮脂汚れがクレンジング剤でないと落ちないワケ

クレンジングフォームのデメリットとメリット

メーキャップ品(日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、おしろい、アイブロー、マスカラ、チーク、口紅など)は主に油分が含まれているので油性といわれます。

油性の汚れは水で洗っても油が水をはじいてしまうので水だけでは落ちません。

メイク用品油性の汚れ

クレンジング剤には基本、油分と水をなじませてくれる界面活性剤という成分が含まれています。

多種多様のクレンジング剤がありますがクレンジング剤に含まれる界面活性剤が働いて、油性のメイクや皮脂汚れを包み込み浮かして落とします。

【関連するページ】クレンジングに必要な界面活性剤の成分とは

洗顔ではなくクレンジングじゃないと落ちない汚れがある

洗顔では、ほこりや汗など水性の汚れは落とせますが皮脂やメイクの油性の汚れはクレンジングじゃないと落ちません。

クレンジング剤には、洗顔料にはないメイク用品と同じ系統の油性原料や乳化剤が含まれているからです。

メイクを落とさないと肌荒れの原因に

肌荒れ困り顔

メイクした日、必ずやらなければいけないのがメイク落としです。

メイクを落とさずにいるとメイク汚れが酸化して毛穴に詰まり、黒ずみ毛穴色素沈着肌のごわつき、さらに雑菌が繁殖してニキビ吹き出物などさまざま肌トラブルを起こします。

人間の皮膚は毛穴を通して体温調節や発汗など水分調整をしています。

汚れなので毛穴をふさいでしまうと蒸発すべき汗が皮膚内に溜めこまれ、新しい細胞をつくりだすという肌の機能が低下してしまいます。

注意女性

メイクはしなくても油分が含まれている日焼け止めを塗った場合や皮脂が過剰に多い方は洗顔だけでなくクレンジングすることをおすすめします。

クレンジングは1日2回までが基本!

クレンジングや洗顔は、帰宅したらメイクを落とすのにまず1回、朝起きたら皮脂や汗、ほこりを落とすのに1回です。

クレンジングは界面活性剤や防腐剤など肌に良くないものも配合されているので1日2回までの使用にしましょう。

管理人shoko

私はW洗顔不要の使用してるので朝の洗顔もクレンジング剤を使っています。皮脂は油性なのでオイリー肌の私にはクレンジング剤のほうが洗い上がりさっぱりします。

皮脂や水分が少ない乾燥肌の方は、クリームタイプの洗顔料がいいですね。

クレンジングの正しいやり方

クレンジングするとき、必ず守るべきことことがあります。

注意女性

それはどんなタイプのクレンジング剤でも使用量を守るということです。

記載されてる使用量より少ないとクレンジング効果が半減しますし、また多すぎても肌への刺激が強くなるので気をつけましょう。

それと洗い流す時の水温が大事です。35℃程度のぬるま湯がベストです!

冷たいと毛穴が引き締まる感じがありますが油分が溶けにくい状態になります。また熱すぎても余分な皮脂まで流してしまうのでNGです。

ぬるま湯でていねいに15回以上は、パシャパシャ洗い流すのが基本です。

クレンジングのまとめ

クレンジングは、メイクや皮脂などの汚れを落として肌をきれいにして清潔な状態にします。

キラキラ顔

清潔な肌が保たれないと雑菌が増殖してニキビ、吹き出物の原因になりますし、クレンジング後のスキンケアの入り方にも影響します。

その日の汚れはその日のうちにしっかり落として、美肌を手に入れてくださいね。







-クレンジング基本編
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 美肌工房TUYALIB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.