クレンジング基本編

クレンジングリキッドとクレンジングオイルはここが違う!

投稿日:2016年9月1日 更新日:

水の写真・リキッドとオイルの違い

リキッドクレンジング、最近ドラッグストアでも多くの種類を見かけるようになりました。

クレンジングリキッドとクレンジングオイルの大きな違いは、ベースの成分と使い心地です。

クレンジングリキッドは水分がベースなのでさらっとしてますが、クレンジングオイルは油分がベースなのでリキッドより少しだけとろっとしています。

このページでは、クレンジングリキッドとクレンジングオイルのそれぞれの特徴などについて紹介していきます。

リキッドクレンジングの特徴

クレンジングリキッド_手のひら

リキッドクレンジングは、ベースが水分なのでぬるつきなくさらっとした使い心地が最大の特徴です。

さらに水が主成分なので油性に弱いマツエクをしてる方も安心して使うことができます。

水が主成分なので水クレンジングとも書かれてる商品もありますが、リキッドクレンジングと同じものです。

例えば、ビフェスタのうる落ち水クレンジング・アイメイクアップリムーバーもリキッドタイプのクレンジング剤です。

ビフェスタうる落ちアイメイクアップリムーバー

これはコットンに適量含ませてポイントメイクを拭き取って落とすタイプです。

このようにコットンに含ませてクレンジングシートとしても使えるのもリキッドの特徴です。

また手や顔が濡れていてもOKな商品も多いので、忙しいからお風呂でクレンジングを済ませたいという時にも便利ですね。

さらにビオレのうるおいクレンジングリキッドのようにW洗顔不要のものもあるのがリキッドのいいところです!

OK女性

リキッドクレンジングの使い方

  1. 適量を手のひらに出し、顔全体にのばしクルクルさせながらメイクとなじませます。
  2. メイクが浮いてきたらぬるま湯で洗い流すだけです。

リキッドクレンジングの使い方は、とてもシンプルですすぎもいいのにメイクもしっかり落としてくれるから最高です!

オイルクレンジングの特徴

オイルクレンジングのデメリットとメリットの記事に使用した写真

高品質オイルクレンジングの成分にオリーブオイルが使われています。

クレンジングオイルは、オイルがベースなのでなめらかな滑りでメイクを落とすのが特徴です。

洗い流し後は、オイルが多少肌に残るのでべたつきが好きじゃない方には向きません。

私もオイリー肌で洗い上がりはさっぱり感が欲しいので、クレンジングオイルの出番はほとんどありません。

クレンジングオイル

ただ、洗浄力も強く肌をこすらず短時間でメイクが落とせるということでクレンジングオイルは、人気が高いのも事実です。

最近は保湿力に優れてるものも多く出てて、先日アテニアのクレンジングオイルのお試しをもらったので久しぶりに使ってみたら、気になるほどべたつきを感じませんでした。

アテニアクレンジングオイルアロマタイプ

洗い上がりもほどよくしっとりでオイルいいじゃん!って思った日でしたよ(^^)

クレンジングオイルにも無印良品やファンケルのマイルドタイプやDHCのディープタイプなど肌に合わせたものも多くでています。

DHCディープクレンジングオイル

【関連するページ】

オイルクレンジングのデメリットとメリットを詳しく紹介しています。→こちらから

DHC薬用ディープクレンジングオイルの口コミはこちらから

ファンケルマイルドオイルクレンジングの感想

乾燥しないので大好きです♪

リキッドクレンジングとオイルクレンジングの洗浄力の違い

私が使ってみた感じでは、洗浄力、保湿力ともにほぼ同じくらいです。

どちらがいいとなると好みになりますが、リキッドクレンジングのほうがベースが水だけに肌への負担も少なく優しいクレンジング剤だと思います。







-クレンジング基本編
-, , , , , , , , ,

Copyright© 美肌工房TUYALIB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.