クレンジングフォーム

【肌荒れNO】クレンジングフォームのデメリットとメリット

投稿日:2016年7月8日 更新日:

クレンジングフォームのデメリットとメリット

クレンジングフォームのデメリットとメリット

石鹸の洗浄力とクレンジングクリームの保湿力を兼ねそろえたクレンジングフォーム。

弾力のある泡のクッションでお肌を包み込むように洗うフォームタイプは種類も豊富なのでメイク落としに使われてる方も多いはず。

皮膚保護機能を兼ねているクレンジングフォームは正しく使うことでスキンケア効果も得られます。

泡の立て方、水の温度や水の加減などにより汚れの落ち方、洗いあがりが違ってきます。

泡の立て方から洗い流すまでの正しいやり方のほか、クレンジングフォームのデメリットとメリットを紹介していきます。

クレンジングフォームのデメリットって?

クレンジングフォームのデメリットとメリット添付写真

フォームタイプの一番のデメリットと言えば、泡立てに手間がかかることです。

泡立てが面倒だったり、苦手という人もきっと多いですよね。

上の写真のような泡を手だけでたてるのは、大変です。泡立てネットを活用するときめ細かい泡ができあがります。

泡立てが上手くいかないとお肌と手の間のクッションもなく直接手が触れることになるのでお肌に負担がかかります。

クレンジングフォームには、一般的なチューブタイプのほかに泡ででてくる便利なポンプタイプもありますが泡だった状態でポンプに入ってるということは、成分も薄くなってるということです。さらに泡だってる分量も少なくコスト的には高くなります。

そのほかのデメリットというと使用感の問題です。使用感は使った時のお肌の状態にもよりますがさっぱり感と同時にツッパリ感がでることです。

クレンジングフォームでツッパリ感を感じる人は、乾燥しているかもしれませんので泡で洗うのが好きという方でも一旦お休みして、保湿の高いクレンジング剤をおすすめします。

クレンジングフォームのメリットは?

洗顔している女性

クレンジングフォームの一番のメリットは、しっかりした泡であれば泡がお肌と手のクッションになってくれるので肌を傷つけることもなく洗顔することができます。

またきめ細かい泡であればあるほど、毛穴の奥に入りこんでしっかりと汚れをとってくれます。

クレンジングフォームの正しい使い方

  1. まず手をキレイに洗います。
  2. ぬるま湯で顔を少し濡らしておきます。
  3. 泡立てネットも少し濡らしてクレンジングフォームをチューブから出します。(薬指の付け根部分と同じくらいの長さが目安です)
  4. ネットをもみながらソフトボールくらいの大きさになるまで泡立てましょう。
  5. 泡ができたら、泡で洗うようにお肌を泡で包み込むように洗ってください。(1分程度)
  6. 泡を流すときはぬるま湯(35℃くらい)で15回以上すすいでださい。泡が残った状態だと肌あれの原因になります。

ここがポイント!!

水分が少ない泡で洗顔した場合、お肌がヒリヒリしたり、ツッパリ感を強く感じることもあります。

また水分が多すぎても泡がしっかり立ちません。

目安として手を逆さにしても落ちないくらいがベストです。

クレンジングフォームのデメリットとメリット

最後に顔を拭くときですが、私は清潔なティッシュやキッチンペーパーで抑え拭きをしています。

タオルは洗濯後でも雑菌が残ってるといわれていますので、特にニキビ肌の方はティッシュ拭きをおすすめします。







-クレンジングフォーム
-, , , , , ,

Copyright© 美肌工房TUYALIB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.