クレンジングオイル

【肌荒れNO!】オイルクレンジングのデメリットとメリット

投稿日:2016年7月5日 更新日:

オイルクレンジングのデメリットとメリットの記事に使用した写真

高品質オイルクレンジングの成分にオリーブオイルが使われています。

 

オイルクレンジングのデメリットとメリット

好みの分かれるクレンジングオイルですが、お肌の状態や目的によってクレンジングオイルもオススメの商品が変わってきます。

抗酸化作用や保湿に優れた「シュウウエムラ・プレミアム」やオリーブバージンオイル配合で美容成分に優れた「DHC・薬用ディープクレンジングオイル」、濡れた手でも使える「ファンケル・マイルドクレンジングオイル」などがご存知の方も多いですよね。

このページでは、お肌の状態や目的のほか成分などにも着目してクレンジングオイルのデメリットとメリットについて紹介します。

オイルクレンジングのデメリット

脂っぽい使い心地が苦手な方にとっては、使用感が一番のデメリットだと言えます。

しかし、一番のデメリットはメイクが落ちやすい反面、肌への負担が大きいということです。

メイクが落ちやすく感じるのは、クレンジングオイルに界面活性剤が多く含まれているからです。

界面活性剤は、本来なら混じり合うことのない水と油を混じり合わせるために必要なものなのです。

この界面活性剤は洗浄力がとても高いのでお肌に負担をかけます。

肌を守るためには、擦り過ぎないことや1分以内で洗い流すということが大切ですよ。

肌荒れ困り顔

オイルクレンジングのメリット

オイル特有のなめらかで滑る感じが好きという方も多いですよね。

泡立てる手間などもなく、強い洗浄力で短時間でメイクが落とせるのが一番のメリットと言えます。

クレンジングオイルは、メイクだけでなく皮脂が酸化したあぶら汚れや大気中の汚染物質(チリ、ホコリ)まで落としてくれます。

なので皮脂の分泌量が多い方や化粧が崩れしやすいTゾーンの洗浄、ポイントメイクのクレンジングに向いてます。

洗浄力の弱いクレンジングだとポイントメイクやウォータープルーフタイプのものも落としきれず、必要以上に肌をこすることで刺激を与え肌トラブルの原因になりかねませんからね。

 

キラキラ顔

オイルクレンジングが皮脂汚れをよく落としてくれるワケ

メイクの油分や皮脂汚れを落としてくれるのは、「界面活性剤」が多く含まれているからです。

オイルタイプのクレンジング剤に配合されている界面活性剤は、油分を水で流せるようにしてくれるものです。

オイルは水で分解されないので界面活性剤がなければ、オイルが大量に肌に残ってしまうことになります。

 

クレンジングオイルの中には、濡れた手でも使えるタイプがありますよね。

この濡れた手でも使えるタイプのクレンジングオイルには、乾いた手で使用する必要のあるタイプよりも界面活性剤が多く含まれていることがあります。

その分手軽に使うこともできますし洗浄力もありますが、お肌への負担が大きいので優しくすばやく洗顔を行うことが肌トラブルを防ぐポイントです。

オイルクレンジングの使い方や注意点

毎日のスキンケアで一番大切なのが、クレンジングでお肌のメイクの油分を落とすことです。

しっかりメイクの方は、洗浄力の弱いもので長い時間ゴシゴシするよりはオイルタイプのクレンジング剤でさっと落とすほうが肌への負担は少なくてすみます。

なるべく1分程度ですませてください。

さらにニキビができやすいオイリー肌の方は、オイルが残らないようクレンジング後の洗顔をおすすめします。

また乾燥が気になる方は、しっかり保湿することを忘れないようにしましょう!

クレンジングオイルがおすすめの人はこんな人!

クレンジングオイルは洗浄力が高いため、しっかりメイクや皮脂が多い方、また日中排気ガスなど空気の汚れた場所に長時間いる方などにおすすめです。

  • ウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションをしている方
  • しっかりメイクをしている方
  • オイリー肌の方

 

 







-クレンジングオイル
-, , , , , ,

Copyright© 美肌工房TUYALIB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.