クレンジングシート

【肌荒れNO!】クレンジングシートのデメリットとメリット

投稿日:2016年7月11日 更新日:

手軽で人気のクレンジングシートですが、肌への負担などへのデメリットがあります。

クレンジングシート

クレンジングシートのデメリットとメリット

流す必要がないので水道がないところでも簡単にメイクを落とすことができるクレンジングシート。

油分をほとんど使わず界面活性剤のチカラでメイクを落とし、洗浄力もお肌への刺激も強いのがシートタイプの特徴です。

クレンジングシートというよりメイク落としシートという言葉のほうがドラッグストアやコンビニエンスストアなどでよく目にしますね。

ブログ内ではクレンジングシートという呼び方ですすめていきますね。

クレンジングシートとは、ローションタイプのクレンジングをコットンに染み込ませたものです。

コットンというよりは硬く薄めのキッチンペーパーのような感じがします。

例えば、クレンジング売上個数第1位の「ソフティモ・Wヒアルロン酸配合メイク落としシート」のシートには、メイクを優しくからめとるマイクロファイバー配合シートと記載されてます。

普段からスキンケアでコットンをお使いの方は、硬くて肌触りが良くないイメージがあります。

ソフティモ・Wヒアルロン酸配合メイク落としシートのほかにも種類はありますがこちらを例にとってクレンジングシートの成分やデメリットとメリットについて紹介していきます。

クレンジングシートのデメリットとは?

肌荒れ困り顔

クレンジングシートは簡単にメイクを落とすことができるという反面、シートで拭き取るときお肌をこすって負担を与えてしまうのでお肌の弱い方や皮膚の薄い方にはおすすめできません。

さらにシートでこすって摩擦などによるお肌への刺激も強いので、毎日の使用はやめて緊急時だけに使うことをおすすめします。

また洗い流し不要と書かれてるものもありますが、クレンジング成分やアルコール成分が肌に残ったままだと肌荒れの原因にもなります。

水のある環境の場合は、なるべく洗い流してお肌を守りましょう。

 

クレンジングシートのメリットとは?

クレンジングシートの一番のメリットと言ったら、場所を選ばず簡単にメイクを落せることです。

界面活性剤のチカラで洗浄力も高く短時間でメイクオフできるので、時間がない時や疲れてすぐにでも寝たいなんて時はとても便利なクレンジング剤です。

ソフティモ・Wヒアルロン酸配合メイク落としシートには、保湿力の高いWヒアルロン酸、トレハロース、うるおい成分なども配合されているのでメイクも落としながらみずみずしい素肌になりますね。
キラキラ顔

 

クレンジングシートこんな方におすすめです!

油分、水分量ともたっぷりあるオイリー肌の人は、油分を与えすぎないケアが大事になるので油分をほとんど含まないシートタイプでのクレンングがおすすめです。

また普通肌の方も油分、水分量のバランスがいいのでクレンジングシートを使用しても問題ありません。ただ年齢とともに水分は減っていきますのでシートタイプでクレンジングした後、乾燥が気になるようでしたら保湿することをおすすめします。

 







-クレンジングシート
-, , , , , , ,

Copyright© 美肌工房TUYALIB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.