クレンジングジェル

【肌荒れNO!】クレンジングジェルのデメリットとメリット

投稿日:2016年7月12日 更新日:

クレンジングジェルのデメリットとメリット添付写真

クレンジングジェルのデメリットとメリット

水の成分に界面活性剤を多めに入れてメイクを落とすクレンジングジェル。

みずみずしい感触でさっぱりとした使い心地が特徴のジェルタイプですが、種類によって洗浄力はさまざまです。

クレンジングジェルには、オイルをジェル状にした油性タイプと水性タイプ、さらに水性タイプにはオイルフリーとオイルインの種類に分かれています。

水性でオイルフリーのジェルの場合メイクの落ちはイマイチですが、油性タイプのジェルは洗浄力に優れています。

水性タイプと油性タイプの見分け方も含めながら、クレンジングジェルのデメリットとメリットを紹介していきます。

クレンジングジェルのデメリットとは

基本ジェルタイプのクレンジング剤は、オイルタイプに比べ洗浄力はありません。

水性タイプのクレンジングジェルは、洗浄力が弱いので落ちているのか不安になりついお肌をこすってしまいますし、油性タイプは洗浄力がある分お肌へ

負担が大きくなります。

肌荒れ困り顔

クレンジングジェルのメリットとは|どんな人におすすめなの

両タイプのクレンジングジェルは、メイクにも水にもなじみやすいので濡れた手でも使用できます。なのでお風呂でメイクを落としたいという方には便利なクレンジング剤です。

オイルが主成分の油性タイプはメイクも落ちやすいので、しっかりメイクの方やウォータープルーフの方におすすめです。

また水性タイプは、洗浄力はありませんが肌への負担は少なくて済みますのでオイルフリータイプでしたらマツエクしてる方にも最適です。

さらに水性タイプのオイルインは、油分が含まれてわりにさっぱりとした洗いあがりで、やさしい使い心地とメイク落ちのバランスが良いと人気があります。

キラキラ顔

クレンジングジェルのタイプの見分け方

水性タイプか油性タイプかは、成分表示の一番上を確認してみてください。

水、界面活性剤と表示されているのは「水性タイプ・オイルフリー」で「ビオレのメイク落とししっかりクリアジェル」はこのタイプです。

また界面活性剤、油分が上なら「水性タイプ・オイルイン」で「無印のマイルドクレンジング」があげられます。

そして油分が一番上に表示されているものはオイルが主成分の「油性タイプ」です。「イプサのクレンジングジェル」がこのタイプになります。

クレンジングジェルの使い方でのポイント

油分が含まれたオイルインの水性タイプと油性タイプのクレンジングジェルは、温めることによってメイクが落ちやすくなるのでめ手の体温であたためてからお肌にのばしていきましょう。

また湿気が多い場所ではジェルがメイクとなじみにくくなるので、お風呂使用可能と書かれていてもなるべく湿気がない場所、手や顔も乾いた状態であるということがポイントです。







-クレンジングジェル
-, , , , , ,

Copyright© 美肌工房TUYALIB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.